緊張型頭痛を引き起こす原因は心の問題|心療内科で改善可能

このエントリーをはてなブックマークに追加

ストレスと病気の関係

看護師

日常生活の中で頭が痛いと感じることがあります。この場合何か病気の可能性があると考えることもありますが、ストレスが原因となっていることもあります。緊張型頭痛という病気がありますが、これは悪い姿勢であったり精神的なストレスが関係していると考えられています。この中で特徴としては身体的なストレスが関わっていると言うことがあります。無理な姿勢であったり、長時間パソコンを使って作業をするというような場合、頭から首の部分にかけて筋肉が緊張し、血液の流れが悪くなってしまいます。その結果乳酸などの疲労物質が体の中にたまり、神経を刺激して緊張型頭痛を引き起こしてしまいます。緊張型頭痛は、首の筋肉が弱い人の方が引き起こしやすいと考えられています。身体的なストレスがなくても、精神的なストレスが関係していることもあります。精神的に緊張した時間が長くなってしまうと、頭痛が発生してしまいます。まじめな性格の人や、几帳面な人ほど緊張型頭痛を発生しやすいと考えられています。

緊張型頭痛という病気があります。病院を受診して治療を受けることができます。病院では薬が処方されるようになっていますが、これは痛みを軽減させるというようなものが中心となっています。病院ではまず問診が行われるようになっています。ここで精神的なストレスや身体的なストレスがないかを判断するようになっています。また反復性や慢性というように分けることができるので、それにあわせた治療法が選ばれています。病院では、反復性の場合薬の効果が大きいと考えられているので、それに合わせた物が処方されるようになっています。日常生活の中で少しでも症状を軽くする方法があります。それは血液の流れが悪くなっていることが原因となっているので、入浴や運動やマッサージを行うことで血管を拡張させるようにします。精神的ストレスが原因となっている場合は、それを解消させることが必要となります。ここで注意をしなければいけないのは、偏頭痛を併発している場合です。この場合血管を拡張させると痛みが増してしまうので、注意が必要です。

Copyright © 2016 緊張型頭痛を引き起こす原因は心の問題|心療内科で改善可能 All Rights Reserved.