緊張型頭痛を引き起こす原因は心の問題|心療内科で改善可能

このエントリーをはてなブックマークに追加

悩める症状を解決

病院

頭が痛いと日常生活の中で感じることがあります。しかし頭が痛いと言ってもその原因は必ずしも一つではありません。風邪などの病気が関係していることもあれば、肩こりなどが原因となっていることもあります。その中で慢性頭痛に悩まされているという人がいます。この中で一番多くなっているのが緊張型頭痛になります。これはどのようなことが原因となっているのかというと、無理な姿勢になったり、過度なストレスが重なって発症すると考えられています。緊張型頭痛は、頭の周りを締め付けられるというような痛みが続きます。その時間は30分程度で1週間症状が続くようになっています。肩や首が痛くなったりめまいやふらつきや全身がだるいというような症状が一緒に現れることもあります。緊張型頭痛は年齢に関係なく発症するようになっています。頻度に関しては同じような痛みが毎日起こるようになっています。また頭全体が締め付けられるというような痛みを感じるようになっています。家事や仕事が全くできないと言うことはありません。

緊張型頭痛は、家庭の中でトラブルが発生していたり、仕事がうまくいかないというような精神的ストレスによって発症することがあります。したがってこれらの要因を作り出さないように注意をする必要があります。また神経や筋肉の緊張が高まることが、頭が痛くなる誘引と考えられています。治療に関しては注意をしなければいけないことがあります。それは痛みが発生したときには、適度に体を動かすようにします。こうすることで筋肉がほぐれます。またマッサージを行ったりお風呂にはいることで血行が良くなります。その結果症状が軽くなることもあります。痛みが毎日のように続く慢性緊張型頭痛がありますが、この場合病院で鎮痛薬が処方されても効果がありません。この場合病院では抗不安薬が処方されるようになっています。筋肉が凝っている場合には病院で筋弛緩薬が処方されるようになっています。しかし病院で処方された薬だけでは根本的な解決をすることができません。緊張をしすぎないようにリラックス方法を見つけるようにします。

Copyright © 2016 緊張型頭痛を引き起こす原因は心の問題|心療内科で改善可能 All Rights Reserved.