緊張型頭痛を引き起こす原因は心の問題|心療内科で改善可能

このエントリーをはてなブックマークに追加

血流の悪さが原因

カウンセリング

頭痛の原因

日本人の中に約20パーセントから30パーセントという確率で有病しているというのが緊張型頭痛です。筋肉の収縮を伴うという場合と、伴わない場合とに分けることができます。首筋が張るというような感じがあったり、肩が凝るというような症状を訴える人が昔に比べて多くなっているでしょう。痛みを感じると言うよりは、頭が重いというような症状を訴える人が多くなっています。病院での治療方法としてよく行われているのが薬物治療です。これが治療の中心となり、消炎鎮痛剤の処方も行われていますが、慢性的な使用で頭痛が誘発されることもあるので医師と相談をする必要があります。また、最近では薬だけに頼らないという多くの人が実践している方法があり、それが頭痛体操です。ストレッチを取り入れたりする方法も最近では増えてきています。血液の流れをよくするというのが改善方法の一つとなっているので、温めることが有効的です。治療の際には病院を受診し、まず自分がどのようなタイプかを見極めることが大切だといえるでしょう。

症状を改善する方法

病院で緊張型頭痛と診断されることがあるでしょう。病院では特効薬というものはありませんが、いくつかの薬が処方されるようになっています。また、病院では症状を緩和させるための対処法を教えてもらうことが可能です。緊張型頭痛の症状を和らげるためには、姿勢を正しくすることが必要になります。こうすることで筋肉への負担を減らすことができるのです。緊張型頭痛と関連性が深いのが、眼精疲労や筋肉疲労となっています。したがって仕事中には適度に休憩を取ることが有効的です。また寝るときの枕の高さにも注意が必要となります。このほかに有効な方法としては、筋肉をほぐすと言うことになります。ストレスが加わると血液の流れが悪くなり、こうなると筋肉が固まってしまうのです。この筋肉をほぐすためには血液の循環を良くすることが必要です。マッサージや指圧が非常に有効と考えられていますが、お風呂や温かい湿布で温めるという方法もあるので試してみると良いでしょう。病院で処方される外用消炎鎮痛薬も効果があると考えられています。

Copyright © 2016 緊張型頭痛を引き起こす原因は心の問題|心療内科で改善可能 All Rights Reserved.