緊張型頭痛を引き起こす原因は心の問題|心療内科で改善可能

このエントリーをはてなブックマークに追加

病気と生活習慣

頭を抱える女性

肩こりがひどいという人がいます。このような場合には同時に頭が痛いというような症状が現れることもあるでしょう。頭痛を経験したことがある人がほとんどとなっており、頭痛の約7割を占めているというのが緊張型頭痛です。体にどのような症状が現れるようになっているのかというと、首や肩の筋肉の痛みから発症するようになっています。頭を締め付けられるような頭痛が続くといった人が病院を受診しており、病院では偏頭痛ではないかと考えられることもあるのですが、精神的なストレスや身体的なストレスの有無が確認されるようになっています。また、主に後頭部から首筋にかけて症状が現れるようになっていて、症状が悪化すると頻繁に痛みが現れるようになってくるでしょう。したがって、ここで大切なことは悪化を予防することになります。そのために効果的なのが血行をよくすることで、人気の方法となっているのは入浴やマッサージです。これらは緊張型頭痛の症状を和らげるだけではなく、リラックス効果もあるので最適です。

緊張型頭痛は誰にでも発症する可能性があると病院では考えられているのですが、その中でも発症する可能性が高い人がいます。それは次のような人となっています。まず、首や肩が凝りやすい人です。日頃運動をする習慣がなかったり、パソコンなどのデスクワークが多い人となっています。目が疲れやすいと感じる人や、何もしていないのに全身がだるいと感じる人は注意が必要です。その他にも、後頭部から首筋にかけて両側に痛みを感じたり、締め付けられるような痛みがあるときには発症の可能性があります。緊張型頭痛の場合は病院で筋弛緩薬などの薬が処方されるようになっているのですが、このほかに塗り薬や漢方薬が処方されることもあるでしょう。症状にあわせて薬が処方されるようになっています。ここでは原因となっている身体的なストレスと精神的なストレスを緩和させることが治療の基本となります。またストレスを自覚して、しっかりと対応をすることが治療の第一歩となるでしょう。そのためには、ストレスをコントロールすることが必要になるのです。

Copyright © 2016 緊張型頭痛を引き起こす原因は心の問題|心療内科で改善可能 All Rights Reserved.