緊張型頭痛を引き起こす原因は心の問題|心療内科で改善可能

このエントリーをはてなブックマークに追加

頭が痛いときには

下を向く女性

病気の特徴

慢性的な頭痛を感じているという人がいますが、その代表となっているのが緊張型頭痛となります。緊張型頭痛とはどのようなときに発生するようになっているのかというと、長時間悪い姿勢になっていたり、精神的なストレスが関係していると考えられています。病院を受診したときに、後頭部が締め付けられるような痛みを訴える人が多くなっています。仕事や家庭などで心配事があるというような人が発症しやすくなっています。緊張型頭痛では、頭が痛いという症状のほかに、肩や首のこりやめまい、全身倦怠感というような症状が現れることもあります。病院を受診したときには、反復性と慢性というように分けることができます。反復性は時々頭痛を感じます。慢性はほぼ毎日頭が痛いと感じるようになっており、このような状態が3ヶ月以上続きます。これは非常につらいものとなっています。これらの違いによって病院での治療方法や対処方法が異なっています。緊張型頭痛は病院で治療をすることができます。病院では薬が処方されるようになっています。

いくつかの治療方法

病院では抗炎症薬が処方されるようになっています。これは風邪薬や頭痛薬の中に含まれているものと同じです。緊張型頭痛のなかでも反復性と呼ばれるタイプには効果があると考えられています。しかし慢性の場合にはあまり効果が期待されていません。症状が長期的に続くようになっているので、このような場合に薬を服用すると言うことになれば、薬物を乱用することによる頭痛や胃腸への負担が大きくなってしまいます。したがって市販薬の服用ではなく、必ず病院を受診するようにします。このほかの治療法として有効なものは、頭痛の原因となっている精神的なストレスを軽減させることになります。首や肩の筋肉の緊張をほぐすようにします。不安を取り除くための薬が処方されることもあります。最近では漢方薬を処方して、体質改善を行うという治療法もあります。このほかには温熱療法や電気治療というような首や肩の緊張へ働きかける物理療法が行われています。毎日の生活の中で予防もできます。それは頭や首や肩の筋肉をほぐすことになります。

Copyright © 2016 緊張型頭痛を引き起こす原因は心の問題|心療内科で改善可能 All Rights Reserved.